well-being、 ウェルビーイング、イベント、オンライン

【開催: 「考えよう!子どものウェルビーイング」】(オンライン対談会)

活育財団は2024年度より「OECDサポーター」となりました。 そのことから、5月15日にウェルビーイングのウェビナーを実施します。 今回は、登壇者としてウェルビーイングの第一人者を迎え、活育財団の諸藤・日野田との対談を …

詳細を見る

【掲載されました:『みんなの教育技術』】

『みんなの教育技術』 特別インタビュー 「格差社会を解消できるのは、学校の先生だけ負の連鎖を断ち切るために先生たちはチャレンジを」 見出し ▸海外の大学へ生徒を進学させてきた理由 ▸①「自分には無理」というマインドセット …

詳細を見る

「グループ」として機能するために大切な要素とは?:社会心理学におけるポイントを理解し実践してみる

まだ感染症対策に注意しなければならない状況ではあるものの、徐々に対面で仕事したり授業を受けたりする機会は増えてきている印象です。 しかし、これまでオンライン上で人と会う機会が多かったため、実際に会ったときに変な感じを受け …

詳細を見る

Society5.0の時代を生き抜く力を養う「ジレンマ克服型商品」の開発

Next Education Award 最優秀賞 受賞~大池 淳一さん~ Next Education Award(NEA)とは「今後世界が迎える課題を解決する人は現場から生まれる」という信念のもと、そのような子供を育 …

詳細を見る

気をつけたいバーンアウト:予防と対処法について

重要なテストや大きなイベントに向けて必死になって頑張っていたが、それらが終わった途端に緊張の糸が切れたように何事にも手がつかなくなった。 毎日のように厳しい練習をして続けたスポーツを進学して辞めてしまった。 このような経 …

詳細を見る

繊細すぎる人の特徴-HSPと上手く付き合うためには?-

「場や人の空気を読みすぎてしまって疲れてしまう。」 「ドラマや映画で共感しすぎてしまって感情をコントロールするのが大変。」 「あの人がイライラしているのはひょっとして私のせいだろうか。」 など、情報を必要以上に読み取りす …

詳細を見る

習い事:意義とは?選ぶポイントは?楽しく続けるには?

また2021年2月にインターネットで「カジナビ」が行った保護者のアンケート調査によると、7歳以上の約9割の子どもが何らかの習い事をしているとのこと。 この記事では、習い事の意義や習い事を選ぶポイント、続けていくためのヒン …

詳細を見る

失敗やミスを学びに変えるには?

解いた問題が間違っていたり計画したことが上手くいかなかった時は、間違いや上手くいかなかった事に目が向いてしまい、気落ちしてしまうこともあるでしょう。 一方で、間違えた問題からは、次に問題を解く時に正解するためのヒントを得 …

詳細を見る